イヌ

ペット保険が話題|大切な家族を守りたいなら

ペット葬儀で心の平穏を

お墓

火葬には二種類あります

もし可愛がってきたペットが亡くなってしまい、その子のことを考えてしっかりとした葬儀をあげようとした場合に、ペット火葬では、合同火葬にするか個別火葬にするかの選択肢があります。どちらを選ぶかは飼い主の方の考え方次第ですが、それぞれに特徴があります。合同火葬は、昔から一般的に行われてきたペット火葬で複数の他のペットたちと一緒に火葬されて区別なくお骨にされて、立ち会いや返骨などもされません。埋葬も合同でされます。個別火葬は、一体ずつ行われるペット火葬です。より人間に近い形でという希望から生まれました。火葬後に、骨を返してもらえてその骨をペット霊園に安置したり、庭に埋葬したりできます。葬儀は残された人のために行なうものでもあります。なるべく後悔しないペット火葬の方法を選んで下さい。

悪徳業者を避けるために

どんな業界にも悪徳業者はいるものです。ペット葬儀の世界にも、預かったペットの遺体を不法投棄したり、高額な料金を請求してきたりと人の悲しみにつけ込むような手口をつかう人間がいます。このような業者に騙されないように、しっかりと自己防衛ができるようにする必要があります。まずは、外見が良いからといって中身も良いとは限りません。素晴らしい広告を見てもすぐに頼むようなことをせずに、しっかりとネットで口コミなどを確認するべきです。さらに、なるべく複数の業者と見積もりを作って比較検討して下さい。その際に業者の対応の仕方もしっかりとチェックできます。あとは、しっかりと料金について書面にしておいて、それ以外の請求をされても納得できなければすぐに支払いをするようなことをせずに話し合うべきです。もしかしたら相手はたかがペットのことだからと軽く考えてきているかもしれません。きちんと言うべきことは言いましょう。