小型犬と女性

ペット保険が話題|大切な家族を守りたいなら

大事なペットを供養する

犬

始めて飼った家族同然に暮らしてきたペットが突然亡くなったら、悲しみで頭が真っ白になってしまうでしょう。そんな時はペット供養をしてくれるペット霊園を利用してみてはいかがでしょう。大阪のペット霊園ならネットにランキングサイトがありますので、どこに頼むか助けになることでしょう。

もっと読む

様々なカットでまるで人形

小型犬

室内犬として非常に人気が高いトイプードルですが、性格や特徴などを理解すると人気なのもうなずけます。カットスタイルによって様々な表情を見せてくれて、非常に飼い易いトイプードルはこれからもトップクラスの人気を維持するでしょう。

もっと読む

ペット葬儀で心の平穏を

お墓

ペット火葬には、合同火葬と個別火葬の二つがあります。集団で火葬するか、一体一体分けて火葬するか、どちらがペットにとって良いのか悩むかもしれませんが、そんなときはまず何よりも残された飼い主の気持ちを考えて下さい。そして、そんな飼い主の気持ちにつけ込む悪徳業者がいることも忘れないで下さい。

もっと読む

家族の一員の病気や怪我に

男性と犬

医療費の負担が軽くなる

ペットには人間のように健康保険がないため、飼い主が病気や怪我の治療にかかった費用は全額負担するのが当然です。しかし、人間が健康保険を使わずに治療を受けると高額になってしまうようにペットの治療費も高額になってしまい、重い病気にかかると数十万円の治療費がかかってしまうこともあります。ペット保険は毎月の保険料を支払うことでペットが病気や怪我で治療を行った時の費用を負担してくれるものです。ペット保険は多くの会社から販売されており、人間の医療保険のように補償内容や保険料は様々です。特に犬の場合は犬の大きさによって保険料が変わってくるため、ネットなどで各社のペット保険の補償内容を調べてみた方が良いでしょう。

持病があっても加入できる

人間の医療保険では、持病がある人は加入できない保険が数多くあります。ペット保険も同様に、持病がある場合には加入できなかったり、加入できても持病の悪化の場合には補償が行われないというケースがほとんどです。治療を行って症状が良くなっていたり治癒したという場合にでも加入できなくなるケースがほとんどのため、よく調べておくようにしましょう。言わなければわからないから、とペットに持病があっても黙って加入し、後で持病があることが分かったような場合にはペット保険を強制解約になったり補償を受けられなくなってしまうケースがあります。保険料は多少割高になりますが持病があっても加入できるペット保険に加入するようにしましょう。